整体師 通信講座

整体師養成スクール・学校の選び方・基準

整体スクール選び方の基準として

 

 2年制以上(最低でも1年以上)の学校

 

 学んだ知識・技術をすぐにアウトプットできる整体院(付属院)がある

 

 講師陣の質 (実績がある人なのか)

 

 

治療系でも癒し系でもこの3点が大事になってきます。

 

特に学んだ技術を実践ですぐに試せるか?試せないか?は絶対外せない重要ポイントです。

 

2年制以上の学校であれば、大体付属の整体院(直営店)を持っているのが一般的なので、そこのスタッフとして働けば、スクールで学んだことをすぐに実践できるし、実際の患者さん(お客さん)のニーズも把握できたりするのでおすすめです。

 

 

また整体学校で学ぶスキルを直接指導してくれる講師陣の質も、
最低現の基礎を「モノ」にするためにもやはり大事になってきます。

 

その基準は、分かりやすく教えてくれるかどうか?です。

 

医学用語は一般人には分かりづらい用語が多いので、
素人にも分かりやすく噛み砕いて教えてくれる講師がいると、非常に勉強の効率が上がります。

 

学校見学した時に、一度、講師の方に質問してみるとよいでしょう。

 

 

また、講師が整体院やカイロプラクティック院などで、実際に活躍した実績がある方なのかどうか?も要チェックです。

 

一度も現場で活躍したことのない実績のない人から教えられても、基礎医学の知識は学べても、実際の臨床現場でその知識や技術をどうやって生かすか?っといった一番重要なことを質問しても的外れな回答しか戻ってきません。

 

整体院経営のことやマーケティング的なこと、スタッフ達を良好な雰囲気作りをするコツ・・など、後々自分が成長した後に色んな疑問がでてくることになります。

 

そんな時、学校の講師が現場で活躍した経験のない方だと、相談することもできないし、何も学ぶことができませんからね。必ずチェックしておいてください。

 

 

 

大体の整体養成学校では定期的に「学校説明会」を開催しています。
また実際の授業を無料で受けることができる所も沢山あります。

 

こういったイベントをうまく活用して、まずは上記条件に合った整体スクールを3つぐらい絞って、見つけたら実際にその学校の学校説明会に行って、講師陣の質やカリキュラムの内容や学校の雰囲気などをチェックしてから、これから通学する学校を決めてゆきましょう。

 

その学校にいる先輩OBの何人かに直接質問したりするのもいいと思いますよ。

 

 

スポンサード リンク