整体師 通信講座

資格取得後の活動について

どんな職業でもそうですが、
「資格取得して学校を卒業して就職したら終わり」というような仕事はありません。

 

特に整体師の場合、人の身体を扱う仕事ですので、医学的な勉強や整体術の技術もさながら、接客業でもあるのでコミュニケーション能力を高めたり、患者さんの教育の仕方・・など、学ぶことは沢山でてきます。

 

実際に独立開業した後は、整体院経営戦略のことや集客方法、スタッフの教育方法、資金集めのこと・・など、常に学んで → 実践 → 検証の日々になります。

 

整体学校を卒業後からが勝負の分かれ道になります。

 

 

ですので、整体学校で基礎的な知識・技術を学んで資格取得した後は

 

  • 学校の付属院や他の整体院で働いてさらに腕を磨くことに集中したり・・
  • 関連する業界(接骨院・整形外科リハビリ助手)などで働いてみて治療の幅を広げていったり・・
  • 手技テクニックセミナーや治療家セミナー(勉強会)などに参加して勉強したり・・
  • 整体スクールで出会った同じ志を持った治療家同士で技を磨きあったり・・
  • 完全歩合給(歩合制給料)としてプレーヤーとしてバリバリ患者さんを相手にしていって、自分の腕を磨きつつ収入を溜めて独立開業のための資金を集めたり・・
  • 独立開業を目指す方であれば経営者になるための資質(経営・マーケティング全般、その他)を学んでいったり・・

 

 

その人の目的によって色んな活動をしてゆきます。
つまり色んな意味で「自分磨きをすること」になります。

 

 

もちろん学ぶことだけではなく、そこで出会った人と整体について語りあったり、飲み会などの楽しいイベントも多々あることでしょう。

 

整体師や手技療法家の方は、20代から60代の方まで年齢層が広く、基本性格の優しい方が多いですので、楽しく学んでいくことができるはずです。

 

将来のことを考えると、大変ですが、一番楽しい時期になります。

スポンサード リンク